沖電企業株式会社

韓国シルム・沖縄角力交換競技大会 / トピックス

9月2日~9月5日まで、久米島町で韓国シルム・沖縄角力交換競技大会40周年大会が行われ、沖縄県代表として当社の照喜名圭治さん(南大東電業所)が参加しました。「韓国シルムと沖縄角力は2年ごとに選手団を派遣して、交流試合を行っています。自分は今回で2回目の参加でした。試合結果は、韓国シルム方式での対戦が6対1で負け、沖縄角力方式の対戦では4対3で勝ち、総合結果は1対1で引き分けでした。2年後また沖縄県代表に選ばれるよう頑張ります。沖縄角力は年間23場所あるので機会がある方は見に行ってみてください。」(照喜名さん)

※韓国シルムとは、韓国の国技で足と腰に巻いた帯を掴んだ状態で始まり、どちらかの足の裏以外をつけたら勝敗が決まります。沖縄角力は、腰に巻いた帯を掴んだ状態で始まり、どちらかの背中がついたら勝敗が決まります。

角力.jpg