沖電企業株式会社

沿革

西暦(年号)沖電企業の歴史
1975年(昭和50年)沖電産業株式会社設立
1976年(昭和51年)
  • 沖電企業株式会社に商号変更
  • 柱上変圧器修復業務開始
  • 損害保険代理店業務開始
  • 自動車整備業開始
  • 電力関連資機材の販売開始
1978年(昭和53年)産業廃棄物処理業開始
1979年(昭和54年)離島内燃力発電設備の定期保修業務開始
1980年(昭和55年)
  • 汽力発電所の定検保修業務開始
  • 建設業許可取得
  • 自動車等のリース業務開始
1981年(昭和56年)沖縄プラント工業株式会社設立に伴い、汽力発電所の定検保修業務等の業務移譲と一部社員の移籍
1982年(昭和57年)離島内燃力発電設備の日常点検補修業務開始
1983年(昭和58年)離島発電設備建設工事の受注開始
1984年(昭和59年)宮古、八重山両事業所を新設
1985年(昭和60年)本社新築工事竣工
1986年(昭和61年)
  • 指定自動車整備事業の認可
  • 離島発電所運転業務開始
1987年(昭和62年)
  • 不動産業務開始
  • 建設用車両機械検査業務開始
1989年(平成元年)沖電不動産管理株式会社(現沖電開発株式会社)設立に伴い、不動産業務の移譲と一部社員の移籍
1991年(平成3年)本社社屋、構内の改装工事竣工
1992年(平成4年)宮古事業所新築工事竣工
1994年(平成6年)県内初の柱上変圧器製造工場(西原工場)竣工
1995年(平成7年)阪神大震災ボランティア活動へ社員派遣
1996年(平成8年)
  • 海外製石炭の輸入業務開始
  • 本社社屋の増築工事竣工
  • 八重山事業所新築工事竣工
1999年(平成11年) 優良事業所として沖縄県労働基準協会賞を受賞
2000年(平成12年)沖縄サミットに通訳、警備等ボランティア活動に社員多数参加
2002年(平成14年)ISO9001(2000年版)認証取得
2003年(平成15年)初の利益計画発表会を開催
2004年(平成16年)
  • 組織の再編で事業本部制導入
  • 新規事業で健康食品のテストマーケティング開始
2005年(平成17年)
  • おきなわんさぷり事業部を設置
  • 健康食品販売事業を本格的に開始
2005年(平成17年)(株)美海トレーディング、(有)ホイアン沖縄文化工芸センター(ベトナム)を子会社として設立
2006年(平成18年)ベトナムの(有)ホイアン沖縄文化工芸センターの事務所、工場が完成、吹きガラス等の生産開始
2010年(平成22年)(株)美海トレーディング、(有)ホイアン沖縄文化工芸センター(ベトナム)を清算結了
2011年(平成23年)組織再編で事業部制廃止
2012年(平成24年)リース保険部、車両部を統合
2013年(平成25年)リース保険車両部、広告宣伝部を統合
2014年(平成26年)営業商事部の営業支援課と営業統括化課の二課を一課に統合
2015年(平成27年)
  • 経営理念の策定
  • 営業部の発足
  • 会社ロゴマークの刷新
  • 創立40周年
  • ISO9001(2000年版)認証の返上